2015年9月14日月曜日

Background Music「new season vol.6」ゲスト:橋本徹(SUBURBIA)さん


毎回DJやアーチスト等をゲストにお迎えし、恵比寿リキッドルーム2F奥 Time Out Cafe & Dinerからお送りしているタワーレコードのストリーミング・メディアタワレボでのBGM選曲番組「Background Music -New Season」の9/19木の6回目の開催と配信のお知らせです。(配信時間は21:0022:30となります。)

第6回目のゲストは、
22年前、自分がWAVEというレコードCDショップで働き始めた頃、橋本さんがサバービアを始められた当時、お店での展開などでご挨拶させていただいてから、その後、自分がタワーレコードで働いていた頃、バウンス誌の編集長時代にも大変お世話になっていたり、そして、なにより、サバービアはもちろん、フリーソウル、カフェ・アプレミディなどの数々の名コンピレーションなどでの選曲でも知られるBGM的音楽提案の第一人者である大先輩、編集者/選曲家/DJ/プロデューサーであり、サバービア・ファクトリー主宰、渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主の橋本徹(SUBURBIA)さんをお迎えいたします。
21:0022:30の番組配信の時間以外も20:00~23:00の時間帯では、会場のTime Out Cafe & Dinerで、ふたりの選曲を楽しめると思います。

Time Out Cafe & Dinner でお酒を手にゆったりと聴くのも良し。
家でのんびりと聴くのも良し。
ラジオ感覚で何かをしながら聴くのも良し。
安らぎや煌めき、ときめきを感じる豊かな音楽その出会いと素敵なひとときを、会場でも配信でもぜひお楽しみください!

どうぞ宜しくお願いいたします。
▼「Background Music~New Season vol.6

GUEST:橋本徹(SUBURBIA)
HOST:松永耕一(COMPUMA)

配信日:9月16日(木) 21:00~22:30
[LIQUIDROOM 2F] access
open/start 20:00~23:00 
(※配信は21:00~22:30となります。)
1st drink charge 1,000yen (include music charge)
※会場で観覧ご希望の方はコチラで!

「タワレボ」

Time Out Cafe & Diner



人それぞれの音楽との様々な距離感、様々な環境や時間の流れ、そして、そこに集う人々と働く人達、世代と時代、日々の生活、そんな、いろいろな要素がつながりあって、その場の雰囲気を醸し出す役割の一部を担っている音楽。
さりげなく暮らしの中に寄り添いながら、聞き手の心地よい距離感で存在して、何気なく聞き流していながらも、ふっと気付くか気付かないようなところで、豊かな気持ちになれたり、どこか心の琴線にふれてグッとくる音楽。
そんなBGMとしてのバックグラウンド・ミュージックを、過去への敬愛と、次の時代へ向けての少しばかりの提案も含めて、心よりお届けさせていただきます。どうぞお付き合いのほど、よろしくおねがいいたします。
松永耕一COMPUMA







橋本徹 (SUBURBIA)
 編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』Good Mellowsシリーズなど、選曲を手がけたコンピCD280枚を越える。USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。


松永耕一COMPUMA

ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組のメンバーを経て、 DJとしては国内外の数多くのアーティストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。自身のプロジェクトSOMETHING ABOUTからMIXCDの新たな提案を試みたサウンドスケープなミックス「Something In The Air」シリーズなど意欲作も多数。一方で、BGMをテーマに選曲したコンピレーションCDSoup Stock Tokyoの音楽」、北欧ノルウェーのSSW、ヨルン・アレシャールのソロ・デビュー作「アイム・ソー・グラッド」のP-VINEとの共同での国内CD化など、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。20159月、京都の老舗茶問屋、宇治香園創業150年記念として、KIRIHITOの竹久圏を大きくフィーチャーした初のソロ作品「SOMETHING IN THE AIR -the soul of quiet light and shadow layer-」を発表する。10月には、em recordよりリミックス/リコンストラクトを手掛けた初の12インチ・アナログEPのリリースも予定している。
http://compuma.blogspot.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿