2017年6月28日水曜日

SUNDAY LIVE BEATNIK 2017.6.18


先々週末6/18日曜日、インターネットラジオ局WREP、高木完さんの番組”SUNDAY LIVE BEATNIK”に呼んでいただきました。久しぶりの生放送トークでの大先輩との懐かしい話、
スタジオでのDJプレイも程よい緊張感含めて心地よく、貴重な経験させていただきました。無事に終わってホッとしております。聞いていただいた皆さま、完さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。おつかれさまでした。
https://wrep.jp/program/?id=262

























そして、この日の放送が、MIXCLOUDにアップされているのを知人から教えていただきました。完さんからのリクエストもあっての、久しぶりの”なんちゃってスクリュー”含めた、完さんと初めてお会いした頃、自分にとっては90年代初頭ADS前夜から2000年前後あたりまでの電子音楽、サン・ラ、ヒップホップ、エレクトロを深く見つめていた感覚を呼び起こしつつ現在&フューチャー目指してトライしてみました。かなりイビツで現場感の強い粗い???な1時間ほどのミックス&プレイですが、ご興味ある方はどうぞよろしくおねがいいたします。



およそ47分30秒すぎからDJプレイさせていただいております。
(レジェンド完さんにプレイ中にMICいれていただけてるの光栄すぎです。そして、そして、とても勉強になりました。)


どうぞよろしくおねがいいたします。









2017年6月22日木曜日

2017「Vs Sound of Life」T-shirt

明日6/23金24土25日の3日間、恵比寿リキッドルーム2F KATAにて開催される
ロスアプソン主催のTシャツ・フェア「T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORF!!! 2017
今年も参加させていただきました。

会場にてお買い上げいただいた皆さま、ありがとうございます。

通販開始いたしました!!!
*SOMETHING ABOUT 2017 スペシャル・ステッカー付き!!!






































SOMETHING ABOUT 2017、今年の新作Tシャツは、昨年末3年半ぶりに神戸・旧グッゲンハイム邸で行われたCOMPUMA 7HOURS -SEASON OFF-フライヤーでの五木田智央さんによるシンボリックなモチーフ、そして、今年春にBLACK SMOKER RECORDSから発売されたCOMPUMAの新作MIXCD「Lateral Thinking feat. KILLER-BONG」での沖真秀さんによるジャケットの印象的なモチーフ、そして、NY気鋭のアニメーション作家Kiyotaka Sumiyoshiさんにより制作されたミュージックビデオを経ての3つのモチーフが合体?バトル?モノクロームにグラフィックした、フロント&バックプリントの鈴木聖デザインによる "Vs Sound of Life" T-shirtです。



Tシャツのカラーは、白とグレーの2色。ボディは、中南米産ならではのざらっとした生地感としっかりした首回り、すっきりしたシルエットが気持ちいいGILDAN6.0onzウルトラコットンヘビーウェイトTシャツ。






















white : front / back






















(grey : front / back

サイズは、S・M・L・XLとご用意させていただきました。
(サイズによっては数が少ないものもございます。売り切れの際はあらかじめご了承ください。)




SOMETHING ABOUT 2017
" Vs Sound of Life " T-shirt

カラー:ホワイト / グレー
サイズ:S・M・L・XL

(*SOMETHING ABOUT 2017 ステッカー付き)


ステッカー(70mm×100mmサイズ)

S:着丈70.5身幅46.5袖丈17.0肩幅44.0
M:着丈72.0身幅51.5袖丈17.5肩幅47.5
L:着丈75.5身幅55.5袖丈19.0肩幅51.0
XL:着丈79.5身幅60.5袖丈20.0肩幅58.0
(サイズは目安としてお考えください。)

























COMPUMASOMETHING ABOUT 2017
” Vs Sound of Life " T-shirt 
どうぞよろしくおねがいいたします。




















LOS APSON?×LIQUIDROOM presents
"T-SHIRT! THAT'S FIGHTING WORD!!! 2017"
*3日目6/25日に会場KATAにてDJさせていただきます。



























2017年6月16日金曜日

rural2017 悪魔の沼


7/14(金)前夜祭、7/15(土)16(日)17(月・祝日)
長野県佐久市 内山牧場キャンプ場で開催される
rural 2017へ、悪魔の沼の3人での参加が決まりました。

7/16(日)深夜2:30〜早朝7:00までの4時間半を屋内ステージにてプレイ予定です。
存分に沼時間を3人で堪能しようと思います。


















フルラインナップ&タイムテーブル発表になりました。



















楽しみです。
どうぞよろしくおねがいいたします。



















悪魔の沼(Akuma no numa)
2008年結成。現在のレジデントである沼クルー(沼人)は、COMPUMA、Dr.NISHIMURAAWANO3人。 東京・下北沢MOREの沼に生息。 活動は不定期ながらおよそ季節ごとの開催を目指している。当初は、トビー・フーパーの1977年の映画「悪魔の沼」の、映画の内容というよりも日本版VHSビデオのアートワークに影響を受け、それぞれが独自の視点でDJミックスして沼の可能性を模索していたが、2013年より新たな試みとして、3人によるバック・トゥ・バックなDJスタイル、プラス、魔icにロボ宙をフィーチャーして、予測不能な更なるネクストな沼世界を探っている。 これまでに、ECD瀧魔憲司、二魔裕志、MOODN ltz、魔DRINKToshi-BING-Kajira、ヘ魔・スタイリスティックス、テーリ・テ魔リッツ、Killer-Bong、小魔林 径、2ng(一★狂/国際ボーイズ)CHEE×T、Uni魔ersal Indiann、S魔魔魔魔魔、YASTA THUGRAW(Pan Pacific Playa)YO!魔イキー(2much crew)Cherryboy anction、魔力、CARRE、魔AOROCK(THE CREAMS)OSA(TEXACOLEATHER MAN)UJT(魔ン画トロニクス) rakami(diskunion)、魔ペリー、魔ンジルビエン、S-LEEなど、多彩なDJやアーチスト達が独自の沼を演出してきた。 2011年にデビューMIXCD『沼日和』を、2013年には下北沢MOREでのLIVE DJ MIX CD2枚組『ドキュ魔ント』をリリース。 20143月にはBLACK SMOKER RECORDSより、MIXCD『涅槃 -Nirva-』を発表した。

湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼には野生動物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。 

by Wikipedia