2013年12月19日木曜日

Cosmopolitan Dance : COMPUMA live at Aoyama Zero 2013.11.29



先月末11/29に青山Zeroで行われた
スイスの名手DJ Lexxさん来日公演”Emotion Eclectic”の際の
トップバッターだった自分のプレイのlive mix音源からの抜粋77分が
Cosmopolitan Danceのmixcloudに公開されました。

ディープハウスでの依頼という事とトップバッターでの出番というのもあり、
序盤はかなり自由に表現させてもらいつつ、、、よろしければです。

2011年末から2012年、2013年にかけての
Something In The Air、Magnetic、そしてeyescream.jpでのミックス、
悪魔の沼での三人でのバック・トゥ・バックでのフリースタイルな表現、
そして、パーティーという流れでの、
自分の中での表現の最新形のひとつとして意識してみました。























どうぞよろしくおねがいいたします。





2013年11月12日火曜日

Soup Stock Tokyoの音楽2


選曲させていただいた
「Soup Stock Tokyo の音楽2」が12/11(水)に発売いたしました。

*発売を記念して明日12/14(土) 渋谷店2F・タワーカフェにて、昼下がりの時間帯15時-17時までの2時間をBGM・DJさせていただきます。居心地の良い空間を目指します。配信もあるようです。
尚、この日は正午から1Fエントランスにて温かいスープのサービスもあります。そして、12/16(月)までの期間、タワーカフェでは、”スープ・ストック・トーキョー × タワー・カフェ”のコラボメニューも展開中です。こちらもどうぞよろしくおねがいいたします。
http://www.towerrevo.jp/article/3107/

今回も、前作に引続き、その日の食卓がいっそう華やぐような音楽、さりげなく暮らしの中に寄り添いながら、聴き手それぞれの距離感で楽しんでいただけるよう、何げなく聞き流しているBGMでありながらも音楽を感じることで豊かな気持ちになれたり、どこか心の琴線にふれるようなタイミングがあれば最高だな。と、そんなイメージで選んでみました。心地よさの中に、新たな音の旅がきっとはじまります。
どうぞよろしくおねがいいたします。


V.A. / スープ・ストック・トーキョーの音楽2
「Music For Soup Stock Tokyo vol.2」

Selected by COMPUMA(a.k.a. 松永耕一)

全17曲、68分36秒

1.  Transparente / Agustin Pereyra Lucena
2.  Swell / Quiet Nights Orchestra
3.  Moon River / Roman Andrén
4.  So O Samba / Roberta Lima
5.  Bossa Cuasi Nova / Agustin Pereyra Lucena
6.  Good Day Sunshine / トウヤマタケオ
7.  Beautiful Love / Myron & The Works
8.  There's Nothing Like This / Omar
9.  NYC Tonight(坂本慎太郎 Version Inst.)/ Dump
10. Mais où sont passées les gazelles ? / Lizzy Mercier Descloux
11. Yeah Y'all / DJ Mitsu The Beats feat. Roddy Rod & Kev Brownn
12. かぜよふけ うみよなけ / Soggy Cheerios
13. Yakiimo / Simone White
14. Everybody Wants To Rule The World / Tomoki Kanda
15. Love Theme / David Reinhardt Trio
16. Happy New Year / Adam Dunning
17. Love Me Tender / Pato Fu

P-VINE(PCD-20290)¥2,100(税込)



12/1日からスープ・ストック・トーキョーの限定店舗で先行発売、12/11水から一般発売となります。今回はポトフのレシピが付いてます。




















今回も、素晴らしい音源をご提供いただいたP-VINEさんのブラジルなどのワールドミュージックからジャズ、メロウなソウルR&Bに、日本語の曲も含めた幅広い音楽ジャンルの音源を中心に、オードリー・ヘプバーンでおなじみ名画「ティファニーで朝食を」のヘンリー・マンシーニによる主題歌「Moon River」に、ビートルズの「Good Day Sunshine」、ティアーズ・フォー・フィアーズの1986年の大ヒット曲「Everybody Wants To Rule The World」そして、スタンリー・キューブリックの名画「スパルタカス」より不朽の名曲「Love Theme」エルヴィス・プレスリーの永遠「Love Me Tender」など、きっと誰もがどこかで耳にした事のあるスタンダードな名曲の、国籍とジャンルを超えた自由でユニークなカヴァー曲も交えながら、優しく温かく包まれる全17曲。
音の心地よさと、聞き疲れしない、居心地の良さが違和感なく途切れないような心づもりで選んでみました。さりげなく暮らしの中に寄り添いながら、聞き手それぞれの心地よい距離感で音楽が鳴っているイメージといいますか、そんな中で、ふっと気付くか気付かないかのようなところで、どこか琴線にふれるようなタイミングがあれば最高にうれしく思います。そしてもちろん、その日の食卓が温かに、いっそう華やぎますように。

新たな音の旅のはじまりに。
どうぞよろしくおねがいいたします。  

201310月吉日 



COMPUMAa.k.a.松永耕一)



2012年に、前作「Soup Stok Tokyoの音楽」が発売された際に、スープ・ストック・トーキョーHP内「Soup Friends」でインタビューしていただいたものとなります。http://www.soup-stock-tokyo.com/column/friends/025.php

よろしければどうぞ。










2013年11月10日日曜日

An Optical Poem





休日のお供に。



2013年11月1日金曜日

HYOU-MAN



すごいなー。




コレハ。



いい時代だ。



ジャガーマンもすごいですな。



足早い。&腹でてる。(笑)












2013年10月18日金曜日

秋の夜長に


ふと、


ナオジさんの、悪魔の沼のドキュ魔ントCMは、ここからなのかな?



とか、ふと、思いました。


にしても最高だ〜♬ 名曲ですね。
このユーチューブの編集も素晴らしい。











2013年10月15日火曜日

ブレイクダンスバトル




当時たまたまテレビつけたらやってて大興奮した,
めちゃイケのあの回がアップされてた。
大げさかもしれませんが、個人的には、これを超えるTVでの芸能人のブレイクダンスバトル番組は今だ見てないです。

岡村隆史、ゴリのうまいのはもちろんなんだが、
後半での、今となってはTVで見ることの出来なくなったあの人が、ロボット警備員として登場するシーン(しかもBGMは、なんとバンバータのレネゲイド・オブ・ファンク!!!)には興奮しまくったのを思い出した。

11年ぶりにちゃんと観直したけど、今観ても最高に最高すぎるー!フレッシュ!!!

おそらく削除されると思いますが、観れるときにどうぞ。





2013年10月5日土曜日

Tender Love





最高ですな♡

ほっこり沁みる。








2013年10月1日火曜日

今夜。




なんとなく、今夜の気分。

こんくらい。











2013年9月25日水曜日

Rhythm Experience




神業。 
動き、顔、すべてが完璧。♬


グレイト。





凄すぎる。。。


Me Encanta Salsa...























2013年9月20日金曜日

POISON ♬





ミッシーの秘蔵っ子♡SHARAYA J
トラックもラップも歌も好きだなー。

このリズム感。PVも最高♡
なんかワクワクする。



POISON♬



やっぱ名曲♡ですね。













2013年9月17日火曜日

秋の空。


ホッと一息。



午後の休憩♡











2013年9月9日月曜日

9/10(火)のNHK BSプレミアム「ヤン富田の音楽の世界」と9/14(土)のリキッドルームの「ヤン富田コンサート」



明日9/10(火)深夜の放送です。
NHK BSプレミアムにて、23:45-01:15の90分特別番組
” ヤン富田の音楽の世界
「音楽による意識の拡大を求めて」”
(日本を代表する電子音楽家であり、ヒップホップからアイドルまで手掛けるプロデューサー、そしてスティールパン奏者としても知られるヤン富田の創作と活動に密着し彼の実像に迫る90分。番組には、小山田圭吾(Cornelius)や砂原良徳、いとうせいこうなども出演し、ヤン富田が主催する音楽研究機関オーディオ・サイエンス・ラボラトリーのテーマでもある「音楽による意識の拡大」の一部に触れれることができる。)









そして、いよいよ今週末9/14(土)には
「ヤン富田コンサート@リキッドルーム」
が去年に引続き、恵比寿リキッドルーム9周年記念として、オーディオ・サイエンス・ラボラトリーのとの共同開催で行われます。

あのリキッドルームの最高音響の大型空間で、今年はどんな体験ができるのか?
公演後話題騒然となった驚異の音楽体験から早一年、今年は、更なる深化とエンターテイメントが、そして、出演者も新たに加えてリキッドルーム全館をフルに活用しての、第1部&第2部、休憩時間のインターミッションに、公演終了後の始発までのレセプション(打ち上げ)まで、至れり尽くせりにたっぷりに用意されてます。(第1部では、少数ながらイスも用意されてます。)
視覚と聴覚と五感、そして身体を刺激する、立体音響によるぶっ飛びの新型アート・アトラクションをぜひとも生でご体験ください。




































LIQUIDROOM 9TH ANNIVERSARY WITH AUDIO SCIENCE LABORATORY PRESENTS 

YANN TOMITA CONCERT

リキッドルームは2013年7月で恵比寿移転後9年目に突入致します。その9周年を記念して、昨年に引き続きヤン富田氏を迎え氏の主催する音楽研究機関であるオーディオ・サイエンス・ラボラトリーとの共同主催にてコンサートを開催致します。今回は夕方から翌朝4時半(JR始発)迄、リキッドルーム館内にてお楽しみいただける展開となります。具体的な構成は下記の通りです。

【第1部[1階]】
開場 17:00 The Sound Of Audio Science Laboratory
開演 18:00
終演 20:50

~インターミッション~[2階]~
ヤン富田関連音源によるDJタイム:常磐響、COMPUMA

【第2部[1階]】
開場 22:30 A.S.L.'s Sticker Movie / Performed by 日本男児クルー
開演 23:00
終演 26:00

~レセプション/打ち上げ~[2階]~
ヤン富田関連音源によるDJタイム:高木完、DUB MASTER X、DR.YANN
閉館 28:30
(第2部以降は20歳未満入場不可。IDチェックあり。)

※第1部のみ数に限りがありますがイス席をご用意致しました。
※第1部と第2部のセットチェンジ中は2階のラウンジ=LIQUID LOFTとカフェ&ダイナー=Time Out Cafe & DinerにてCOMPUMA、常磐響によるヤン富田関連音源のDJタイムがあります。
※第2部終演後はレセプション(打ち上げ)となります。高木完、DUB MASTER X、DR.YANNによるヤン富田関連音源のDJタイムと出演者/参加者との歓談にて始発迄のひとときをごゆっくりお楽しみください。
なお、前売券は通し券の他に第1部、第2部の単券もそれぞれご用意致しております。(リキッドルーム)

出演:井澤聡朗、イリシット・ツボイ、M.C. BOO、大野由美子、金尾修治、COMPUMA、椎名謙介、ジェリー鵜飼、シンコ(SDP)、スージー・キム、高木完、DUB MASTER X、DJ QUIETSTORM、DOOPEES、常磐響、HIPHOP最高会議 - 千葉、永井秀二、日本男児クルー、山口洋佑、ロボ宙
参加:windbell 富田、松浦彩、グレート・ザ・歌舞伎町、仲田舞衣

開催日:2013年9月14日(土曜日)
会場:リキッドルーム
料金:
・第1部第2部 通し券(発売中) :7,000円[税込・1ドリンク代(500円)別途])
・第1部 単券
前売券(発売中) :5,000円/[税込・1ドリンク代(500円)別途]
当日券:6,000円/[税込・1ドリンク代(500円)別途]
・第2部 単券
前売券(発売中) :3,000円/[税込・1ドリンク代(500円)別途])
当日券:4,000円/[税込・1ドリンク代(500円)別途])

前売券取り扱い:チケットぴあ[Pコード 206-115(第1部、第2部 単券)/780-628(第1部 & 第2部 通し券)]、ローソンチケット[Lコード 76176(第1部、第2部 単券)/76177(第1部 & 第2部 通し券)]、イープラス、オトノマド、BEAMS RECORDS、DISK UNION(新宿本館/新宿クラブミュージックショップ/渋谷クラブミュージックショップ/池袋店/お茶の水駅前店/下北沢店/吉祥寺店/横浜西口店/柏店/立川店)、JAZZY SPORT MUSIC SHOP TOKYO、JET SET TOKYO、Lighthouse Records、LOS APSON?、TECHNIQUE、TOWER RECORDS SHIBUYA(1F)、windbell、リキッドルーム

ご注意:
・当日のご入場順は前売券をお持ちの方から整理番号順にご入場いただきます。
・イス席(第1部のみ)には限りがございます。
・整理番号は先行予約ご購入者→一般販売ご購入者の順(共に通し券ご購入者が先)となります。
・第2部は深夜公演となりますので、20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。身分証確認/IDチェックは第2部ご入場時に実施いたします。手荷物をロッカーやクロークへお預けの際は身分証はご携帯いただきますようお願いいたします。
・第1部と第2部の間及び第2部終演後は2階のラウンジ=LIQUID LOFTとカフェ&ダイナー=Time Out Cafe & Dinerにてご休憩/ご歓談いただけます(飲食メニューの販売もごさいます)。なお、第2部終演後はレセプション(打ち上げ)となります。出演者/参加者との歓談にて始発迄のひとときをごゆっくりお楽しみください。

問い合わせ先:リキッドルーム 03-5464-0800 http://www.liquidroom.net



















伊藤りおりさん、宇川直宏さん、大根仁さんからいただいたコメントです。

次々と新しい世界を体感させ続けてくださるヤンさん。次はどんなだろうとワクワク想像していたけど油断していた…。まさかオールナイトとは!!! ヤンさんに恐怖すら覚えてしまったので、震えながら楽しみにしています。(伊藤りおり)

ヤン富田さんは、人間の可聴領域を超越した空気振動をリスナーに意識させる、希有な音楽家だ! 聞こえる音、感じる音、見える音、触れる音、匂う音、食べる音…。コウモリが反響定位で森羅万象を捉えているように、ヤン富田さんの演奏はアリストテレスでも定義できない、高次な音声知覚を解放させる為のイニシエーションなのである!!!!!!!!!(宇川直宏 / DOMMUNE)

音楽家であり、プロデューサーであり、演奏者であり・・・でも僕の中でのヤンさんは仙人です。音楽や音響の全てを悟りきった電子仙人。そんなリビングレジェンドなLIVEを目の当たりにできるなんて、僕たちはなんて幸せなんでしょう。(大根仁)

岡本 仁さんからの紹介文です。

 ぼくは去年の9月22日のことを、今日まで忘れたことはない。そして、これから先も決して忘れないだろう。
 その夜、リキッドルームの恵比寿移転8年を記念して開催されたヤン富田コンサートは18時開演だった。長くなっても3時間くらいだろうと予想して、ぼくは友人に頼まれた同日夜のトークイベント出演を引き受けてしまった。下北沢で21時30分から。ところが蓋を開けてみたら用意されたプログラムは、ぼくの生半可な想像を遥かに超えて濃密だった。20時30分頃に、いとうせいこうと髙木完をボーカルに迎え「フォーエバー・ヤン」を演奏して休憩となった。
 休憩だって? 2時間半のこの素晴らしい体験の後に、さらなる未知の世界が続くということ? ああ、とんでもない失敗をしたようだ。激しく落ち込みながら、ぼくは休憩時間中にリキッドルームを出て、タクシーを拾い下北沢に向かった。最近のヤンさんの活動を追いかけている人なら同じことを思うはずだが、ヤンさんのコンサートは「体験」である。ヤン富田船長が操る宇宙船に乗り、時空を超えた新しい感覚を皆で共有するのだ。それなのに…。”偶然” を自らの作品にとって重要な要素と考える人に、どうしてぼくはつまらない “予想” なんて立ててしまったのだろう。何があっても途中で降りない覚悟で臨むのが当り前じゃないか。タクシーの中で、いくら悔やんでも悔やみきれなかった。
 あれから9ケ月が過ぎ、再びリキッドルームでヤン富田コンサートがある。今度こそ、それが二部構成になろうが、6時間になろうが8時間になろうが、一切の予見を持たずに身を委ねるつもりだ。そうしなければ「後悔」がまたひとつ増えてしまうから。(岡本 仁)


昨年の『ヤン富田コンサート』の模様も
下記リンク先にて詳しくチェックしてみてください!!


Audio Science Laboratory 公式ブログ





















2013年9月4日水曜日

悪魔の沼「ドキュ魔ント」CM.


ドキーーッとするCMが完成しました。



悪魔の沼「ドキュ魔ント」絶賛発売中!!

directed by SHOGUN TAPES なおじ監督.




















名刺代わりだった「沼日和」から早2年、
3沼人(COMPU魔・A魔NO・Dr.NISHI魔RA)による、
エレクトロニック・ダンスミュージックの最前線が唸りをあげ、
バック・トゥ・バック・スタイルで紡がれる、
予測不能のネクスト沼へと突入した現場の記録。
魔icには、ロボ宙、そして東京アンダーグラウンド・クラブシーンの怪人コバが参加。
ドキュメント。2枚組。















2013年8月30日金曜日

2013年8月10日土曜日

3rd EYE LEAGUE



夏の甲子園も開幕しましたが、
我が家のサード・アイ・リーグでも熱い試合が続いております。













































2013年8月8日木曜日

アダルト徳利 T-shirt 通販開始!(8/23 再入荷!)


お買い上げいただいた皆さま、ありがとうございます。
現在、白はMサイズのみ、グレーはMサイズのみ僅かに在庫ございます。

SOMETHING ABOUT


RETURN OF "COMPUMA 7HOURS LOFT" 
アダルト徳利 T-shirt

2013年6月末に恵比寿リキッドルーム2F・KATAにて開催されたロス・アプソンTシャツ・フェアの三日間で即完売したSOMETHING ABOUT新作”アダルト徳利 T-shirtがようやく再入荷です。そして待望の通販を開始いたします。
デザインは、回を重ねるごとに、新たな領域へと突入して突き進んでいる”COMPUMA 7HOURS LOFT”のアートワークで毎回お世話になっている、五木田智央画伯+デザイナー鈴木聖コンビによるもので、今年のTシャツ祭りの会場でもあった KATA+Time Out Cafe含むリキッドルーム2Fにて、2013年 5/10に開催された「RETURN OF "COMPUMA 7HOURS LOFT" 」でのフライヤー・デザインで各地にセンセーショナルな衝撃をボムした、あの ”アダルト徳利” がリアル徳利に続いて、今度は、オトナ印の徳利Teeとして甦りました!
色は、オリジナル・アートワークに忠実なスタンダード・カラーの白、そしてもうひとつ新たな提案色のグレーの2種。ボディは、首回りの安定感が嬉しい、ほのかな硬さとごわつきがタフな魅力の anvilの6.1オンス ヘヴィーウェイトTシャツ。サイズは、S・M・L・XL とご用意させていただきました。

SOMETHING ABOUTからの残暑見舞い。

さあ、残りの夏を満喫してください。
そして末永くよろしくおねがいいたします。
最高の自信作です。どうぞよろしくおねがいいたします。




SOMETHING ABOUT


RETURN OF "COMPUMA 7HOURS LOFT" 
アダルト徳利 T-shirt






カラー: (white) / グレー(GRAY)

サイズ:
MEN'S S:着丈68.5 身幅46.5 袖丈20.5
MEN'S M:着丈73.0 身幅50.5 袖丈20.5
MEN'S L:着丈74.5 身幅55.5 袖丈21.0
MEN'S XL:着丈76 身幅59.5 袖丈22.0

☆サイズは目安としてお考えください。

サイズによっては数が少ないものもございます。
各サイズなくなり次第終了。
*白はMサイズのみ、グレーは、SとMサイズのみ在庫ございます。
売り切れの際はあらかじめご了承ください。

ボディ:anvil 6.1オンス

価格:¥3,500(税込)

送料一律:
(レターパックプラス)¥500(対面受け取り)
ご希望の方には(レターパックライト)¥350(郵便受け・追跡サービスあり)も対応させていただきます。
定形外郵便に関しましては、配送時の破損/紛失の保証、追跡サービスが一切ございませんので、何らかの問題が生じまた場合、当方では責任を負い兼ねます事をご了承していただけました場合のみ、1着のみのお買い上げであれば、240円で対応させていただきます。



注文方法
郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・TEL・カラー・サイズ・枚数・発送方法を明記の上、compuma4328@gmail.com  までメールをおねがいいたします。(blogのコンピューマ・プロフィールの詳細からも上記のメールに出す事ができます。)
こちらから詳細を明記したメールを返信いたします。
*入金の確認が出来次第に発送させていただきます。

(ヘザーグレー/Heather Gray)

















2013年8月6日火曜日

悪魔の沼「ドキュ魔ント -live mix document-」



好評発売中です!!!
ダイジェストofficial promotion short mixを
soundcloudへアップしました。

沼で噂となったデビュー作「沼日和」から2年ぶりとなる
悪魔の沼(COMPU魔、A魔NO、Dr.NISHI魔RA)の新MIXCDは、
最新沼モード全開!BTBスタイルの新沼感覚 DJ MIXドキュメント2枚組。
ここにUPされた9分20秒のofficial promotion short mixは、
CD2枚組・3つのパート・110分にも及ぶ「ドキュ魔ント-live mix document-」の音源を、
カットアップ・スムージーにダイジェストにre-魔ixしたもの。沼への誘い。
ここから壮大に広がるドキュ魔ントの本編もぜひともよろしくおねがいいたします。


悪魔の沼 /ドキュ魔ント 
-live mix document- 
沼人:COMPU魔・A魔NO・Dr NISHI魔RA 
  

disc-1
PART1. 2013.04.13.  54:28
at 下北沢MORE / 魔ic:ROBO宙

disc-2
PART2. 2013.04.13.  29:19
at 下北沢MORE / 魔ic:ROBO宙

PART.3 2012.12.01.  27:02
at 下北沢MORE / 
魔ic:ROBO宙 & KOBA(free form freakout)


沼スタリング:FORESTLIMIT
沼rtwork:satoshi suzuki


定価¥2.100(税込)

トビー・フーパーが、名作青春ショック映画「悪魔のいけにえ」の次に撮った 1977年の問題作にして珍作「悪魔の沼」 その映画の内容というよりも当時の日本版VHSの最狂のジャケに勝手にインスパイアされて、 ほわほわ~っとはじまったイベント「悪魔の沼」。名刺代わりだった「沼日和」から早2年、3沼人(COMPU魔・A魔NO・Dr.NISHI魔RA)による、エレクトロニック・ダンスミュージックの最前線が唸りをあげ、バック・トゥ・バック・スタイルで紡がれる、予測不能のネクスト沼へと突入した現場の記録。ドキュメント。2枚組。
魔icには、脱線3のリーダーであり、スチャダラパー、Donuts Disco Deluxe、CINEMA dub MONKSの曽我大穂やDAUとの共演などなどヒップホップの枠を超えた変幻自在のマイクの達人である語り部 ロボ宙、そして東京アンダーグラウンド・クラブ・シーンの幻の怪人 KOBA(free form freakout)をフィーチャー。

soundcloudへupされた9分20秒の音源は、CD2枚組・三つのぱーと・110分にもおよぶ「ドキュ魔ント-live mix document-」の世界を、カットアップ・スムージーにre-魔ixした、official promotion short mixとおります。沼への誘い。
沼rtworkは、COMPUMA 7HOURS LOFTでのすべてのアートワークを五木田智央と共に手がけているデザイナー鈴木聖が担当。


初回少数限定でドキュ魔ント・tanaka-chan 
スペシャル・ステッカー付きます。
(50×50mmサイズ、枚数に限りがあります。)

どうぞよろしくおねがいいたします!!!




悪魔の沼 / 沼フィール

2008年結成。 現在の沼クルー(沼人)は、コンピュー魔、ANODr.NISHIRAの三人。 東京・下北沢のMOREの沼に生息。 5年目の今年は、新たな試みとして、魔icにロボ宙をフィーチャーして、新たな沼探りを季節ごとのペースで試みている。 これまでに、ECD、瀧魔憲司、2ng (一★狂/国際ボーイズ)MOODN Toshi-BING-KajiraCHEE、沼の家、UJT (魔ン画トロニクス)×T YASTA THUGRAW (Pan Pacific Playa)YO!魔イキー (2much crew)、魔力、魔AOROCK(THE CREAMS)、OSA魔(TEXACO LEATHER MAN)などなど、 多彩なゲストが独自の沼を演出してくれている。 2011年夏に悪魔の沼としてリリースした初のミックスCD「沼日和-imaginary ndscape-」から早2年、いよいよ待望の新MIXCD2枚組「ドキュ魔ント-live mix document-」が2013年夏に発売される。 

COMPU魔
a.k.a. COMPUMA(コンピューマ)ADS、スマーフ男組、SPACE MCEE'Z (ロボ宙 & ZEN LA ROCK) とのセッション、Umi No Yeah!!!等の活動を経て現在へ至る。 DJとしては個性溢れるさまざまな場所で、そこでの仲間達と日々フレッシュ&ユニークでオリジナルなファンク世界を探求中。 幅広く音楽にまつわるいろいろで活動中。newtone records & el sur records 所属  
http://compuma.blogspot.com/


ANO

a.k.a. AWANODJ歴十数年。2much crew周辺。 ディスコ好きからかヒゲ・ディスコと呼ばれることもある。 都内の様々なスポットでDJを経験、 現在は下北沢MOREを中心に活動中。 これまでにMIX CD ”Standing Room Only 002” ”Standing Room Only 007”をリリース。

Dr.NISHIRA

a.k.a. Dr. NISHIMURADISCOSSESSIONメンバー。 主に下北沢MORE沼の泥濘(ぬかるみ)に生息するディスコ道草派。 過去にミックスCD”New Age of Baroque"をリリース。 Prince ThomasTodd TerjeDJ CosmoAlexander Robotnik Beppe LodaRhythm Dr.といった諸先輩方と共演有り。



全国どこでもお伺いさせていただきます。 お気軽にご相談ください。 












2013年7月10日水曜日

サマー・オブ・悪魔の沼



季節ごとの便りイベントとなりつつある悪魔の沼、7/20来週土曜日やります。
久々のDJです。どうぞよろしくおねがいいたします。
そして、悪魔の沼の新MIXCDも7末8月中に出る予定です。
こちらもお楽しみにどうぞ!
まさかの2枚組「ドキュ魔ント」パート1&2 乞うご期待ください。





















サマー・オブ・悪魔の沼
沼開:7月20日(土)23時
沼料:千円
沼場:下北沢MORE

沼人:A魔NO・Dr. NISHI魔RA・COMPU魔
ゲスト沼人:魔rakami (diskunion)・CHERRYBOY 魔NCTION

魔ic:ロボ宙

****************

ぬんまりぬんまりとやってきました。
東京は梅雨もあがりまして、夏本番、
サマーオブ悪魔の沼でございます。
今回は地獄のような暑さを加速してくれる
フレッシュな二人の刺客が待望の来沼。
まずは、独自なテクノ道を探求する男、Cherryboy 魔nction!
ライブ?DJ?どっち?ライブです!
当日までヌーマなライブセットを煮詰めていらっしゃるとか!?
こんな機会、めったにございませんよ。
そしてもう一人!
千葉在住、千葉disk union勤務、DJ魔rakami!
氏のDJを未体験の方は、この機会に是非体験して欲しい!
聴いたこともないあんな音楽やこんな音楽が満載です!
しかも、ヌーマですから、ヌーマデリックですから、危険度大です
そしてそして!この方を忘れてはいけません。
魔icロボ宙!
前回の名リリック「八つ墓村ならたたりじゃコラ~」は一部でもはや伝説!
今回はどんな名リリックが飛び出すのやら、こちらもお楽しみに!
レジデントのコンピュー魔、Dr.Nishi魔ra、A魔NOは
あの魔T魔スタイルで、沼ゲイン!

ちなみに沼名物の沼食は、
前回の評判がよく、リクエスト多数につき・・・
アンコール魔カメ!
もちろんフリー!

夏到来、みなさま、ぬまぬましく参りませう。
あ、あと悪魔の沼、久々にCD出します↓




悪魔の沼・新MIXCD「ドキュ魔ント」
沼へのあくなきロマンを三沼人がそれぞれの妄想力と想像力でミックスし、エンターテイ魔ントした2011年リリースの衝撃のデビューMIXCD「沼日和 -imaginaly 魔ndscape-」から早2年、
悪魔の沼による最新沼モード全開の新MIXCD「ドキュ魔ント」いよいよ2013今夏リリースです!!!forthcoming…

****************






湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。
沼には野生動物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。by Wikipedia