2021年7月22日木曜日

7.22-25 LIQUID DROP GROOVE 5th ANNIVERSARY "the Open Air" feat. Katharsis

 

いよいよ本日から!4日間にわたるストーリーが紡がれます。


































https://www.liquiddropgroove.com/5thanniversary

https://ra.co/events/1443558


Day-3、7/24土の昼一13:00-15:00まで、バトン繋いでみます。


素晴らしいロケーション含めて主催者スタッフさん達から気持ちや思いがすでに存分に伝わってくる周年パーティーに出演プレイできること光栄に思います。5周年おめでとうございます!鋭意ワクワク楽しみです。

ご無理なく、お会いできる皆様、どうぞよろしくお願いいたします。





2021年7月10日土曜日

新発売!「悪魔の沼」Tシャツ

 悪魔の沼Tシャツ発売のお知らせです。

*お買い上げいただいた皆様、ありがとうございます。

白グレー共に売り切れたサイズは7/22木に再び再入荷しました!!!























悪魔の沼Tシャツ


2019年岩手県水沢Bugpipe7周年記念パーティー・フライヤーとしてKenji”373”goto画伯によって描かれた”悪魔の沼”ロゴをフロントにカラープリントした悪魔沼初となるロゴTシャツ。ボディは、中南米産ならではのざらっとした生地感としっかりした首回り、すっきりしたシルエットが気持ちいい、100%Cotton、GILDAN6.0onzウルトラコットンヘビーウェイトTシャツ(ネック、袖口、裾はダブルステッチ仕様)となります。ボディーカラーは白とグレー、沼ピタサイズKIDSサイズのYouth S・S・M・L・XL、XXLとご用意させていただきました。


通販(SOMETHING ABOUT ONLINE SHOP)にて販売開始いたしました。




373画伯による沼ロゴをカラープリントでTシャツ作ることが念願で出来たので、その喜びから、沼的初期衝動、DIY感覚全開ではありますが、沼仲間の皆さんのご協力のもと、初のフォトセッション!ルックなるものへトライしてみました!汗


カメラは、DJとしては、AI.U(0120)として、バンドNINJASのVo、そして、今回の撮影場所としても大変お世話になった半蔵門秘密基地ギャラリーANAGRA店主、アパレルブランドA.N.D.としても精力的に活躍する AI NISHIYAMAさん、モデルには、いつもお世話になっているKEN2D SPECIALのガリバーさん&娘のyaya子さん親子、そして、初代・沼の魔スコットとして長年にわたりお世話になっている”田中ちゃん”に10年ぶりにご登場いただきました!!!












































































 















Painting:Kenji 373 goto

Photographs:AI NISHIYAMA (AI.U / NINJAS / 0120 / ANAGRA / A.N.D.)

Model:ガリ魔ー、yaya子、田中ちゃん





悪魔の沼Tシャツ


ボディカラー:白 / グレー

サイズ:YOUTH S・S・M・L・XL・XXL


価格:¥3,500(税込)


GILDAN 6.0oz ULTRA COTTON HEAVY WEIGHT T-shirt


YS:着丈55.0 身幅43.5 袖丈15.0 肩幅41.5

S:着丈70.0身幅46.0袖丈17.0肩幅43.0

M:着丈72.5身幅52.0袖丈17.5肩幅49.5

L:着丈75.5身幅56.0袖丈19.5肩幅51.0

XL:着丈78.5身幅60.5袖丈20.0肩幅55.5

XXL:着丈80.0身幅63.0袖丈20.5肩幅60.0

(サイズは目安としてお考えください。)


通販サイト(SOMETHING ABOUT ONLINE SHOP)

にて販売開始いたしました。

















どうぞよろしくお願いいたします。






**********



悪魔の沼(Akuma no numa)

2008年結成。レジデントである沼クルーは、COMPUMA、Dr.NISHIMURA、AWANOの3人。 かつては東京・下北沢MOREの沼に生息。 活動は不定期ながら、それぞれが独自の視点でDJミックスして沼の可能性を模索していたが、2013年より新たな試みとして、3人によるバック・スリー・バックなDJスタイルで予測不能な更なるネクストな沼世界を探っている。これまでに多彩なDJやアーチスト達がゲストとして独自の沼を演出してきた。結成10年を経て、RA(Resident Advisor)での特集記事、rural、りんご音楽祭、FUJI & SUN、FRUE等の音楽フェスへの参加、全国各地での活動が活発化している。


湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼には野生動物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。 


by Wikipedia



**********



Kenji 373 goto/絵描き\skateboarder

1974年奄美産まれ 幼少の頃スケートボードのグラフィック、パンクのレコジャケに影響を受け絵を描き始める。ZINEの作成、ライブやパーティーのフライヤーやバンド、MIXCDのジャケット、スケートボードのグラフィック等を手掛ける。

現在長野在住 スケートショップ"TOCHKA"のオーナー。 

2007 個展 “WOMBD”AT TOWER CAFE 

2012 個展”…DAY IN THE…”AT LOSAPSON 

2015KML BOOK&Feeverbug より作品集"EVERY DAY"発売 

2017年個展 "LET'S GO" AT LOSAPSON 

2018年個展 "A DAY IN THE DIRT"AT NO12GALLERY 

2018年アメリカの老舗スケートボードマガジン"THRASHER MAGAZINE"のアートページ"CANVAS"に紹介される。


WOMBD 373 STORE

https://tochka001.stores.jp



**********
















2021年7月9日金曜日

7.10 sat「Living Future」仙台Hi-Hat

今週末7/10土曜日は、3年ぶりの仙台です。



























HI-HATさんは残念ながら8月末で閉店となりますが、

このタイミングで素敵な共演者達と共に一晩をプレイできること光栄です。

低音浴、極上音圧音響体験含めて楽しみです。鋭意ワクワク!

ご無理なく、どうぞよろしくおねがいいたします。


仙台HIHAT

hihatsendai.com








2021年6月26日土曜日

6.25 fri「VENT BAR」at VENT






















コロナ禍以降、初となる都内クラブ・メインフロアでのプレイ。

CHIDAさん皆さん素敵共演者と、あの音響空間での一晩、鋭意楽しみです。


VENT

http://vent-tokyo.net






2021年6月19日土曜日

6.17 thu「QUALITY OF LIFE」at LIQUIDROOM





































https://www.liquidroom.net/schedule/quality-of-life_20210617


とにかくすべてが最高でした。

みなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。

大切な時間ですね。


そして山田さん、リキッドルーム15年間おつかれさまでした。







2021年6月11日金曜日

「スマーフ男組の個性と発展」アナログ化!

スマーフ男組「スマーフ男組の個性と発展」がアナログ化です。
















1990年代半ばすぎ、ADS活動休止後に、マジアレ、コンピューマ、アキラ・ザ・マインドの3人で再スタートして、エレクトロな音楽に青春や情熱、ステューピッド・フレッシュな日常を注いだグループ、スマーフ男組が2007年にリリースしたデビューアルバム「スマーフ男組の個性と発展」がアナログ化となります。

未発表音源3曲、同内容DLコード付き。2LP全19曲を収録。

ライター磯部涼さんによる新たなテキスト、当時の様々なアーカイヴ、パーティーフライヤー、発売当時のお祝いコメント、マジアレ太カヒRAWの楽曲解説等を掲載したA4サイズ12ページブックレット封入。アートディレクションとデザインはCD同様に前田晃伸さんが担当、アナログ化のリマスタリングを中村宗一郎さん(Peace Music)が手掛けていただきました。

LASTRUM/MUSICMINE/JET SETより、9月上旬発売予定。

https://www.jetsetrecords.net/news/1627


2007年のCDリリースから14年が経ちます。

関わっていただいた全ての皆さんに感謝です。

ありがとうございます。


いろんな思いがよぎりますが、ベストを尽くしました。

完成が楽しみです。




なにとぞよろしくお願いいたします。















2021年6月8日火曜日

COMPUMA「MUZIK4TELEWORK」

新作MIXCD発売のお知らせです。

















MUZIK4TELEWORK

mixed & selected by COMPUMA


SOMETHING ABOUT / MUZIK4TELEWORK

SAM4TW-001


MIXCD: ¥1,650(税込)¥1,500(税抜)


time6616   フルバージョン(96分55秒)ダウンロード・コード付き)


artwork : 石黒景太

mastered : hacchi(Urban Volcano Sounds)


発売日:2021年6月19日(土)


全国の取扱していただけるレコードCDショップ、

COMPUMAオンラインショップ「SOMETHING ABOUT ONLINE SHOP」でもご購入できます。






昨年2020年5月、SUPER DOMMUNEにて配信されたプログラム「MUZIK4TELEWORK」でのCOMPUMAによるAM10時からのプレイ。彩り豊かにDJミックスで織り成すテレワークにBGM提案される66分16秒。


________________



耳心地の良い速度とトーン、それはあらゆる生活のリズムに調和する。

されど、単にリラクゼーションを促すだけではないのがこの「MUZIK4TELEWORK」。


COMPUMA独特の感性に基づき紡がれる電子音、ハミング、鍵盤、打楽器、色彩豊かな音の数々。

そして予想を覆すリズム変化は私たちの想像力を忍びやかに刺激する。


デスク、書机、ソファー、食卓。様々な定位置から見える変わらぬ景色は、視覚だけでなく聴覚からの情報でもその様子を鮮やかに変えてしまうことに、ふと気が付く。ジャンル跨いだ精妙かつ大胆なMIX展開に連動して移り変わる目前の景色、そこに現れる新しい思考と閃き。


今日もそっと、再生ボタンに手をかざす。

コンピューターと共に、イマジネーションを起動してみませんか?


Akie (NEWTONE RECORDS)



_____________________________




COMPUMA氏のdjと選曲には昔から驚きと興奮と未知の感覚が常にあり毎回音楽の楽しさを味あわさせて頂いているが、今回のMIXは更に凄いと思う。


それはタイトルについた、MUZIK4TELEWORKというところから通り抜けて更にずっと先にいっている所。

個人的にはテレワークとは遥か離れたところにいるからそういった生活がわからなく想像するしかないけど、でもCOMPUMA氏のこの感じはもの凄い現場感に溢れていて緻密であり集中力を要するパズルみたいな具合で、決してBGMではない作品だと感じます。

もしかしたらご本人や多くの方の考えたり思っている事とは真逆かもしれないしこれを読んだら怒る人がいるかもしれないけど、そのテーマに決して収まりきらない(そこを充分に把握した上で)溢れ出るその最高な異常性はCOMPUMA氏の唯一無二たる証拠だと思う。


特に今作からはその狂気を感じる最高傑作だと思う。

是非お聴きください

アートワークは石黒さんです。



柿沼実(BUSHBASH)



_____________________________



できたら音量は少し小さめ、色々な距離感で、宜しければぜひ。

どうぞよろしくおねがいいたします。(COMPUMA)

































MUZIK4TELEWORK」New World COOP at the age of Isolation


テレワーク、シェアエコノミー、ライフワークバランス、ダイバーシティなど、これまで提唱されつつもシフトチェンジという段階に至らなかった流れたちが、COVID-19パンデミックを起点に合流し、世の中の仕組みを変える大きなうねりとなりつつある。

編集者としてその流れを伝え、実践してきたつもりでいたのに、いざこの事態に直面してみると、テレワークにすらろくに対応できていない。そんな、価値観や社会システムのパラダイムシフトに心と体をならしながら楽しんでいくためのBGMやツールを、まずは周りのDJ、編集者、映像作家、ライター、ミュージシャン、アーティストたちと創っていこうと思う。独りや家族といる時間にオンとオフを切り替え、自分と向き合い、価値観を共有する仲間たちと繋がる環境を、創っていこう。

たとえ「文化的雪かき」かもしれないけれど、カルチャーの一端を担ってきたクリエイティブとして、これからの環境にフィットするカルチャーを創っていこう。新しいライフには、新しいカルチャーが必要なんだ。MUZIK4TELEWORK HQ


Text by 佐藤俊(loosejoints)