2016年10月18日火曜日

10.20 thu「Background Music」season2 vol.4 ゲスト:YOUNG-Gさん、STUTSさん

タワーレコードのストリーミング・メディア、〈TOWER REVOLVE PROJECT(タワー・レボルブ・プロジェクト)〉、呼称〈タワレボ〉が贈るBGM選曲番組『Background Music』が2周年を迎えパワーアップしました!

4月、6月、8月、10月、12月、2月の隔月、恵比寿リキッドルーム2F奥の音楽交差点Time Out Café & Dinerから、DJやアーティストら2組をゲストにお迎えし、松永耕一(COMPUMA)氏と共に、普段のDJプレイとはひと味違うBGMをテーマに選曲をしていただき、日々の暮らしにも寄り添いながらも、様々な音楽の魅力を探りたいと思います。
















『Background Music~Season 2』第4回目となる、明後日10月20日(木)のゲストは、来年2月公開となる空族待望の最新映画「バンコクナイツ」へのEm Recordsからの12インチ・アナログ盤トリビュート企画でリミックスさせていただいたstillichimiyaのプロデューサー、DJ、MCでもあり、おみゆきCHANNELや田我流とカイザーソゼ等の様々なプロジェクトで活躍する、アジアの一員としてのヒップホップや音楽を独自に探求しているYoung-G氏と、圧倒的なMPCライブパフォーマンスでブレイク中、PUNPEE、KID FRESINO、JJJ、.Campanella、Alfred Beach Sandal等をフィーチャーしたカラフルでフレッシュ爽快なデビュー・アルバム「Pushin’」も素晴らしすぎた、1989年世代のトラックメーカー/MPC PlayerのSTUTS氏をお迎えします!


21:0023:00の番組配信の時間以外の早い時間帯19:30~21:00も会場では出演者それぞれの選曲を楽しめると思います。会場でも、配信でも、どうぞよろしくおねがいいたします。

TIME TABLE
19:00-20:00(COMPUMA)
20:00-20:30(YOUNG-G)
20:30-21:00(STUTS)
配信開始
21:00-21:30(COMPUMA)
21:30-22:00(YOUNG-G)
22:00-22:30(STUTS)
22:30-23:00(COMPUMA)

選曲者の趣向やルーツを映し出した、安らぎや煌めき、ときめきを感じる豊かな音楽。その出会いと素敵なひとときを、ぜひ会場やタワレボのUstream配信でお楽しみください。


配信中は「アーティスト/曲名」をテロップで表記いたします。
新たな音楽の発見もお楽しみください♪

人それぞれの音楽との様々な距離感、様々な環境や時間の流れ、そして、そこに集う人々と働く人達、世代と時代、日々の生活、そんな、いろいろな要素がつながりあって、その場の雰囲気を醸し出す役割の一部を担っている音楽。さりげなく暮らしの中に寄り添いながら、聞き手の心地よい距離感で存在して、何気なく聞き流していながらも、ふっと気付くか気付かないようなところで、豊かな気持ちになれたり、どこか心の琴線にふれてグッときたり。そんなBGMとしてのバックグラウンド・ミュージックをテーマに、過去への敬愛と、次の時代へ向けての少しばかりの提案も含めて、毎回のゲストの皆さんとの選曲のハーモニーとしてお届けさせていただきます。会場でも配信でも、どうぞお付き合いのほど、よろしくおねがいいたします。 

松永耕一(COMPUMA)



▽「Background Music~Season 2 vol.4」▽
GUEST BGM:Young-G from stillichimiya、STUTS
BGM:松永耕一(COMPUMA)
開催日:10月20日(木) open/start 19:00~23:00 (※配信は21:00~23:00となります。)
会場:Time Out Cafe & Diner [LIQUIDROOM 2F] access
1st drink charge 1,000yen (include music charge)
※会場で観覧ご希望の方はコチラで!

▽配信先URL▽
タワレボ:
http://www.towerrevo.jp
ハッシュタグ:#タワレボ
FRESH! by Abema TV番組チャンネル:https://abemafresh.tv/towerrevo/47329
※FRESH!アプリDLとチャンネル登録で番組配信開始通知が受けられます!






















■Young-G from stillichimiya
2004年、山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバーの一人。おみゆきCHANNEL/田我流とカイザーソゼ‥等の様々なプロジェクトに関わる。2011年から”アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP”をテーマにしたMIXCD「Pan Asia」Vol.1,2を製作。タイ、フィリピン等アジア、日本全国各地のパーティーでHIPHOPをベースに様々な音楽をスピン。2017年全国公開予定のタイ~ラオスで約4ヶ月にわたり撮影された空族の新作映画『バンコクナイツ』には楽曲も提供、録音スタッフとしても参加している。




































■STUTS
Japanese Hip-Hop beatmaker & MPC player.
Pursue groovy & emotional beats with MPC1000 all day.
1989年世代のトラックメーカー/MPC Player。
トラックメーカーとしてKMC, Alfred Beach Sandal, ザ・なつやすみバンド, CHIYORI, HOOLIGANZ, HAIIRO DE ROSSI, RAU DEF, ZONE THE DARKNESSなどの数々のアーティストにトラック・リミックスを提供している。
MPC playerとしても都内を中心に地方でも勢力的に活動中。 MPCのみを使うソロライブ活動を軸に、KMC&STUTSとしてのライブも行っている。また、ダンサーチームHilty & Boschの国内外での公演で楽曲制作とバックMPCを担当するなど幅広く活動している。
2013年2月にはニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行し、人種の壁を超えて観衆を踊らせた。YouTubeに上げたライブ動画の合計再生回数は20万回を超え、国内外から高い評価を受けている。



































■松永耕一(COMPUMA)
ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組のメンバーを経て、 DJとしては国内外の数多くのアーティ ストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を 探求している。
自身のプロジェクトSOMETHING ABOUTからMIXCDの新たな提案を試みたサウンドスケープなミックス『Something In The Air』シリーズなど意欲作も多数。一方で、BGMをテーマに選曲したコンピレーションCD『Soup Stock Tokyoの音楽』など、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。
2015年9月、京都の老舗茶問屋、宇治香園創業150年記念として、 KIRIHITOの竹久圏をフィーチャーした初のソロ作品『SOMETHING IN THE AIR -the soul of quiet light and shadow layer-』を、続いて11月初旬にはリコンストラクトを手掛けた初の12インチ・アナログ盤EP「Compuma meets Haku」をリリースした。来年2017年1月には、映画「バンコクナイツ」のem recordトリビュート企画でstillichimiyaのトラックをリミックスした12インチが発売予定となっている。










0 件のコメント:

コメントを投稿