2010年1月30日土曜日

IMAX3D







噂のアバター行ってまいりやした。

この映画本来の3D放映方式であるIMAX3D方式での上映会場IMAX川崎へ。

今回の3D上映には全部で4種類の方式
(XpanD、RealD、Dolby3D、そしてIMAX3D)
があるようで、

IMAX3D以外は詳しい方のレポートによると一長一短あるらしく、
メガネが重いとか、画面が暗くなって観にくいとか、
3Dの飛び出しが今イチとかとか、、、なんですが、

IMAX3D方式は個人的には完璧でした。
メガネのストレスもなく、
飛び出し3D効果も十分満足で、画面も暗くなんなかったです。


DAM FUNK気取り。


だからなのかIMAX川崎は、売り切れ続出。
巷では、アバタリアン現象?にもなってるらしく
「めざましテレビ」の取材までも入ってた。


映画自体は


いろ〜んな最近のSFエンターテインメント映画の
楽しい要素のMIX具合と映像の飛び出し効果、特撮CGの凄さ、
あんま深く入り込まないストーリーの軽さと
つじつま含めて最後まで終わらせているのは
2200円の3時間近くの3Dアトラクションとしては見事だと思いやした。


スティーヴン・ラングさん演じる
大佐が近年まれなくらいとにかく凄かった!
大佐の映画とも言える。




見事でした。






0 件のコメント:

コメントを投稿