2018年3月13日火曜日

悪魔の沼、新MIXCD「薬」

4年ぶりに、BLACK SMOKER RECORDSから
悪魔の沼、新作MIXCDを発売させていただきます。

YPY/goat/GEIST/bonanzas 日野浩志郎さん、KILLER-BONGさんよりコメントいただきました。






















今年結成10年を迎える悪魔の沼(Compuma、Dr.Nishimura、Awano)から久しぶりの沼便り。
前作「涅槃(Nirva魔)」から4年ぶりの新作MIX「薬」がBLACK SMOKER RECORDSより届けられた。

踊り踊って踊り続け、汁をかいてはまた踊り、心地よい疲れに身を任せてはまた踊る、ベテラン沼クルーが紡ぐ電子音ナイトクルージング。過剰なんだけど心地いい、異常なんだけど安心感、電子音のグルーブがリズムと共存するLOVE & PIECE。踊らせないなんて言わせない、ダンスの彼岸に沼がある。行先知らなくたっていいじゃない。隠し味強すぎたっていいじゃない。あぁ、こんなのを聴きたかった。脳が喜ぶ優しさと未知に溢れたグレートフルミックス。

日野浩志郎/YPY


はい。
落としました
金の斧ですし
銀のもおれのです

KILLER-BONG


新進気鋭の映像作家TAMIKOによるMUSIC VIDEOも完成いたしました。合わせてお楽しみいただけましたら幸いです。どうぞよろしくおねがいいたします。





悪魔の沼 / 薬   79:16 
mixed at Shimokitazawa MORE 16th December, 2017

www.blacksmoker.net
artwork:satoshi suzuki
mastering:Takuya Nakamura

Akuma No Numa:Compuma・Dr.Nishimura・Awano





アートワークは鈴木聖さん、マスタリングは中村タクヤさん、

4/4発売予定です。


どうぞよろしくおねがいいたします。




今週末3/17土は、下北沢MOREで悪魔の沼です。
こちらもよろしくおねがいいたします。


悪魔の沼
3月17日(土)
下北沢MORE
1500円 / 23時

DJ YAZI
LIL MOFO
ナパーム片岡(forestlimit)
悪魔の沼(COMPUMA・Dr.NISHIMURA・AWANO)


下北沢MORE



悪魔の沼(Akuma no numa
2008年結成。レジデントである沼クルー(沼人)は、COMPUMA、Dr.NISHIMURAAWANO3人。 東京・下北沢MOREの沼に生息。 活動は不定期ながらおよそ季節ごとの開催を目指している。当初は、トビー・フーパーの1977年の名画「悪魔の沼」の、映画の内容というよりも日本版VHSビデオのアートワークに影響を受け、それぞれが独自の視点でDJミックスして沼の可能性を模索していたが、2013年より新たな試みとして、3人によるバック・スリー・バックなDJスタイル、プラス、魔icにロボ宙をフィーチャーしたり、予測不能な更なるネクストな沼世界を探っている。 これまでに、ECD、瀧魔憲司、二魔裕志、MOODN ltz、魔DRINKToshi-BING-Kajira、ヘ魔・スタイリスティックス、テーリ・テ魔リッツ、Killer-Bong、小魔林 径、2ng(一★狂/国際ボーイズ)CHEE×T、Uni魔ersal Indiann、S魔魔魔魔魔、YASTA THUGRAW(Pan Pacific Playa)YO!魔イキー(2much crew)Cherryboy anction、魔力、CARRE、魔AOROCK(THE CREAMS)OSA(TEXACOLEATHER MAN)UJT(魔ン画トロニクス) rakami(diskunion)、魔ペリー、魔ンジルビエン、S-LEEなど、多彩なDJやアーチスト達が独自の沼を演出してきた。 2011年にデビューMIXCD『沼日和』を、2013年には下北沢MOREでのLIVE DJ MIX CD2枚組『ドキュ魔ント』をリリース。 20143月にはBLACK SMOKER RECORDSより、MIXCD『涅槃 -Nirva-』を発表した。今年結成10年を迎える。4年ぶりの新作MIX「薬」がBlack Smoker Recordsより間もなくリリース予定。


湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼には野生動物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。 

by Wikipedia
















0 件のコメント:

コメントを投稿