2015年3月25日水曜日

”GOLD DAMAGE COMPUMA”(promotional rough-cut short mix)


MIXCDR「GOLD DAMAGE COMPUMA」
2004年12月29日ゴルダメ@GRASSROOTSの音風景 
8分45秒 promotional rough-cut short mixを
サウンドクラウドへアップさせていただきました。
かなりラフでぶったぎって端折ったショートミックスですが、
少しでもこの日の録音の凄まじい臨場感が伝われば幸いに思います。
(本編は、63分30秒の収録となります。


2015年1月30日夜に恵比寿リキッドルームで開催されたロスアプソン20周年とCOMPUMA 7HOURS LOFTとのタッグで10年ぶりにスペシャル版として復活した「GOLD DAMAGE 2015」の開催を記念して制作され販売された、イラスト&題字:五木田智央、デザイン:鈴木聖による「アダルト徳利手ぬぐい」と共にセット同封されたMIXCDR「GOLD DAMAGE COMPUMA」、
その内容は、およそ10年前、東高円寺GRASSROOTSでおこなわれたLast Gold DamageでのCOMPUMAのDJプレイで、ゴールドダメージならではの、スクリュー&エフェクツも交えたクラシックス・オンパレードのラフで荒削りなミックスながら、しかもこの録音は、ラインでの録音ではなく、グラスルーツの空間に設置されたマイクからのライブ録音のドキュメントとなっている。そこに集まった人々の歓声、叫びはもちろん、ヤジや、やざわめきまでもが封じ込まれた、類いまれなフリークアウトな狂乱に包まれた、なんだかわけのわからない濃厚なパッションのほとばしりとエネルギーに満ち満ちた音源となっている。キャン・ユー・フィーリン?

SOMETHING ABOUT 
newtone records、disk union、
los apson、jetset records

にて限定好評発売中。










「GOLD DAMAGE」とは、
ロス・アプソン店主 山辺圭司の声かけのもと、画家 五木田智央、DJのコンピューマの3人のレジデントを中 心に、2000年前後に東高円寺GRASSROOTSを中心に行われていた、極地的な呑ん兵衛パーティ ー。もともとは店主の仕掛ける「GOLD BALL」と「DAMAGE EXPRESS」のそれぞれ別のイベン トで、このふたつのイベントが合体したのが「GOLD DAMAGE」となった。











0 件のコメント:

コメントを投稿